伏木壽亭監修 フォント研究会会員による研究発表」

◆アルファベット専用ページ

江戸時代に生まれた勘亭流には、長年アルファベットの手本がありませんでした。

時代の流れにおいてアルファベットを使う場面も少なからずあり、統一したものを

生み出すのは課題となって心に残っていました。

 今回、門下生である勘亭流フォント研究会の会員が研究し、私が監修した書体が

ようやくできあがりましたので、ここに発表致します。

「アルファベット大文字 ブロック体」(伏木壽亭監修、フォント研究会会員)


「アルファベット小文字 ブロック体」(伏木壽亭監修、フォント研究会会員)


「英数字」(伏木壽亭監修、フォント研究会会員)



「アルファベット大文字 筆記体」(伏木壽亭監修、フォント研究会会員)



「アルファベット小文字 筆記体」(伏木壽亭監修、フォント研究会会員)

この文字(基本)を用いてより多くの方々の利用をお願い致します。